相手に喜んでもらえる婚約指輪探し|ランキングを参考に探そう

指輪

デザインのあれこれ

男女

基本の4つのデザイン

婚約指輪と一口に言っても、そのデザインは実に様々でどれにしようか迷う人も多いでしょう。そんな婚約指輪のデザインは大きく4つに分かれます。まずソリティアはダイヤ1粒だけをあしらったオーソドックスなデザインで一番人気です。シンプルな分ダイヤの質にこだわりたい所ですね。メレはメインのダイヤを引き立てるように小粒のダイヤをセットしたデザインで華やかな雰囲気です。パヴェはメレダイヤを敷き詰めたデザインで、ゴージャスで存在感は抜群です。エタニティは同じ大きさのダイヤでアームを囲んだデザインで、フルエタニティとハーフエタニティがあります。最近では「ブライダルリングの新定番」としてソリティアに迫る人気です。この4つを押さえておけば、ある程度絞り込みは出来るでしょう。

ダイヤの留め方と特徴

婚約指輪と言えばダイヤやデザインに目がいきがちですが、せっかくですからダイヤの留め方にもこだわってみたい所です。まず立て爪。一粒の石を何本かの爪で留めた方法で、ダイヤの輝きにこだわりたい人向けです。ソリティアなどにピッタリですね。ただし引っかかりやすいと言うデメリットもあります。カテドラルは石を高い位置に持ち上げるように両脇をスロープで支えた方法で、立て爪より安定性がアップし、石が落ちにくくなります。ベゼルは石を地金で囲ってしまう方法で、爪がないタイプなので引っかかりにくくなります。婚約指輪をフォーマルで華やかな場に使うなら立て爪、普段使いしたいならカテドラルやベゼルなど、それぞれ用途に合った石の留め方があります。